私の徒然日記


by shizuma_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

尺八の入院治療

尺八は単に吹けば音が出ると言う楽器ではなく、音を出すまでに大変な苦労するものです。 童謡唱歌を暗譜して吹けるようになるまでには何年もかかる人もいます。  巨水の銘が入った調律の取れていた尺八だったのですが、中々自分の思うような音を出すことが出来ない・・思うような音を出すことが出来なければ、私も同じなのですが尺八を「いじって」見たくもなる・・  音楽の一曲も吹けるようになると、尺八に不満も出て来るものです。・・・私のブログを見て知人が訪ねて来ました。持っている尺八と相性が悪く、少しずつ「いじって」いるうちに唄口を写真のような状態になるまで削ってしまったようです。・・これを見たとき一瞬良くここまでやるか・・・・と思いました。
そんな訳で、5日ほど預かって入院治療することになりました。 武藤商事と言う会社が販売している、新素材造形補修材「プラペリア」を使って何とか音を出せる状態に補修して見ました。 後は、先生に吹いてもらって判定してもらう様にして、今日本人にお返ししたところです。
e0033775_10381305.jpg

[PR]
by shizuma_t | 2017-12-18 10:38 | Trackback | Comments(0)

懲りない挑戦

尺八の鳴りの良し悪しは内径の出来方と、唄口の出来方でほぼ決まると言いますが、どのようにすれば自分に合った吹き方が出来るのだろうか?   今まで何度も何度も唄口の調整を続けて来ました。  1本は接手部分の内径に若干の段差があり音の出方が良くない尺八を直し、その他は唄口を調整し、漆を塗っているところです。 良く飽きもせず失敗してはやり直しながら、懲りない私です。  あと半月もすれば今年も終わり好きな事に没頭出来るって本当に楽しいです。
e0033775_11211982.jpg

[PR]
by shizuma_t | 2017-12-14 11:22 | Trackback | Comments(0)