私の徒然日記


by shizuma_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 20日に退院して、21・22日と2日間・体調も良かったので僅かの時間散歩したり、老人会行事の回覧を作るため机に向かっていたり・・・チョツト無理をしてしまった感じ・・・手術後間もない身体が生傷の状態なのだからあたりまえのこと・・・・鮮血の出血が多くなってしまったね・・・反省
”何事も慎重に行動しなければいけませんね~”  23・24日は安静にして過ごしました。おかげさんで出血も収まりました。・・・・
e0033775_14261648.jpg

[PR]
by shizuma_t | 2010-03-25 14:23 | Trackback | Comments(0)

春分の日の朝

「春分の日」昨日とはて変わって、今日は静かな朝・・・・・
本来なら今日が退院の予定日になっていました。・・・・今朝は相変わらず血尿が出ているものの確実に回復している事を実感しています。
e0033775_9132133.jpg
 少しずつ嵐が弱まり、昨晩のベランダから見えた夜景です。今朝、同じ位置から写した風景・・・・。
e0033775_9165415.jpg
 山桜が満開になっています。今日は少しだけ外の空気を吸いに散歩に出たいと考えています
e0033775_9183642.jpg
 
[PR]
by shizuma_t | 2010-03-22 09:25 | Trackback | Comments(0)

☆ 春・・めざめ ☆

 直射日光を受けてメダカも水面に姿を見せるようになりました。
e0033775_11185293.jpg
e0033775_1119338.jpg
"暑さ寒さも彼岸まで"来週中には春の彼岸に入ることになりますね~・・・・
14日の入院の準備も整い、明日は長男夫婦が迎えに来てくれるのを待つだけにまりました。

考えてみれば、これまで何度の入院だとか手術を繰り返えしたことだろうか?・・・若い頃に炭鉱で地下労働していた事もあり、怪我での縫合手術とか果ては大腸ガンでの入院手術・・・その他外科手術等々我ながら本当にまあ~あきれてしまう・・・・そんな感じがします・・・・
今回は全身麻酔での手術になりますから、気がついたときにはすべてが終わっていてヤレヤレ一仕事片付いたか?・・・・そんな感じでしょう・・・・・
今朝は蓮田に住む義妹夫婦から激励の電話を受け取ったところです。
生かされている事に感謝し、海辺から拾ってきた石に"ありがとう"を描きました。
e0033775_11433570.jpg

[PR]
by shizuma_t | 2010-03-12 11:45 | Trackback | Comments(0)

誕生会

昨日は、季節はずれの大嵐・・・鎌倉の鶴岡八幡宮では県指定天然記念物の樹齢千年以上で幹周り6.8m高さ30mの大イチョウが根元から折れて倒れたと夕刊に載っていました。八幡宮の大イチョウと言えば「実朝暗殺の隠れイチョウ」として伝承されているもので、貴重な観光資源の一つになっていました。その財産を失ったことは、神奈川県民の一人として寂しい限りです。

今日も時折雨交じりの強い風が吹くなか、かねて計画していた11月~3月生まれの会員の誕生会と言う事で16名の「昔若者」が参席し、四方山話に花を咲かせました。
e0033775_1824539.jpg
引き続き役員会を開き総会までの予定と5月に実施する「春の一泊旅行」についての話し合いを行いました。一応これで今年度の行事のすべてを完了し、月が変わったら早速総会の資料作成に取り掛からなければなりませが・・・・・
その前に、3月14日に「帝京大学附属病院」へ入院し15日には前立腺の全摘手術の大事を果たさなければなりません。これで長年苦しんでいた病から解放される訳ですが、3月22日には何事もなく無事・退院できることを願っています。
[PR]
by shizuma_t | 2010-03-10 19:05 | Trackback | Comments(0)
 27日・チリで発生したM8.8の巨大地震・・・ 発生から24時間以上の時間を掛けて地球の裏側から日本列島全域の場所によっては1.2mもの津波が押し寄せてくる・・・・現地は想像を絶する大混乱になっていることだろうと思います。 最近、地球上のいたるところでいろいろな災害が発生しています。「災害は忘れた頃にやって来る」の格言がありますが、「忘れる暇も無くやって来る」と言うのが本当なのかも・・・・
今回の津波警報で20都道県で66万5千戸・156万人に避難勧告や指示が出され実際には僅か4万2千人だけが避難したそうです。・・・50年前には同じチリ地震の津波で100人以上の死者が出たことを考えると「大事に至らずよかったね~」と言った感じだろうか?それとも本当の怖さ知らずの慢心なのだろうか?
災害の怖さは、どれほどの言葉を尽くしても知らしめる事は出来ないもので、実体験したものでなければ分からないものなのです。

今朝、散髪に行って来たのですが、行政の「防災無線」では「津波警報」の解除を知らせる放送がされていました・・・「何時までもあると思うな親とカネ・無いと思うな運と災難」・・・街角で占い師が使っている手相の看板がありました。・・・
e0033775_134764.jpg

「禍福はあざなえる縄の如し」とか「及ばざる処に臨終あり」とか・・・さて、あなたの運勢は?
[PR]
by shizuma_t | 2010-03-01 13:08 | Trackback | Comments(0)