私の徒然日記


by shizuma_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

6月24日の夕方6時30分頃・近くの傾斜地で土砂崩れが発生し、5軒の住民が現在も自治会館で避難生活を続けています。
e0033775_1542927.jpg
e0033775_1545525.jpg
e0033775_1555355.jpg
e0033775_15673.jpg
危険の予測されそうな、傾斜の強い場所の立ち木を切り倒しコンクリートで護壁し家を建てる・見かけは良さそうだが・・・いわゆる乱開発と言われる由縁だろうか?・・ここに住んでる人たちは家を買ってまだ2年を経過していません。この先どうなるのか?当事者は頭を抱えていることでしょう。
明日は、午後から「光ケーブル」の配線工事がありパソコンも新たな設定をする必要があるため、当分の間きっと苦労することだろうと思っています。
[PR]
by shizuma_t | 2008-06-28 15:23 | Trackback | Comments(0)

☆ サボテンの花 ☆

サボテンの花が咲きました。先日のこと、始めてサボテンの鉢が幾つあるのか?数えて見たところ、大きいのや・小さいのまで、23鉢と多肉植物が3鉢有りました。その内の一鉢が綺麗に咲きました。
又、この時季になると私のブログに必ず掲載されるカトレアの花ですが、今年も一厘咲き、まだかなりの蕾が出ています。
驚いたことに、蘭もサボテン同様、広い意味での分類上「多肉植物」だそうです・・・永い長い年月をかけてこのような形に進化してきたのでしょうね~
e0033775_8353531.jpg

e0033775_7242921.jpg
☆進化☆と言えば・・人類も同様退化と進化を継続しながら自然界に適応してきたものであろう・・しかし今、人類は自らの進化を遺伝子を操作してコントロールしようとしています。神聖と言われる子孫繁栄さえ細胞の一部から核を取り出し操作して子供を作ってしまう。自然の摂理を無視し、神仏を冒涜した所業であり、異常なまでの目先の科学の進化は人類の滅亡になることに気づくことさえない。崇高な知識と知恵・文化を持っている人類こそ一番の馬鹿者なのかも知れないと思っています。
☆少子化が進み、若い人が益々減少していくのなら、遺伝子操作して後期高齢者を40歳ほど若返らせれば・・・衰退して行っている社会も犯罪も減少し、「仁・義・智・信・礼」・人の心も少しは良くなるのかも知れないと、勝手に思っています。「痴呆老人の戯言です」・・貴方ならどう思う?・・
[PR]
by shizuma_t | 2008-06-28 07:50 | Trackback | Comments(0)

☆ 切り絵 ☆

6月6・7日に東伊豆へ旅行したとき、旅館のフロントに大きな「赤富士」の油絵が飾られていた。 作家の名前までは確かめてきませんでしたが、写真に写っていた額の絵に多少の想像をを加えて下絵を描き・切り絵にして見ました。
e0033775_16193292.jpg

e0033775_821146.jpg

[PR]
by shizuma_t | 2008-06-14 16:20 | Trackback | Comments(2)

記念旅行

6月6日私ども夫婦の結婚50年目を祝って、長男夫婦が記念の東伊豆・一泊旅行をプレゼントしてくれた。雨の続いた日が多かったが、この日ばかりは好天に恵まれ、素晴らしい旅行でした。一日3組限定と言う豪奢な旅館・天城の山々を借景として近くには蛍が乱舞する豊かな自然環境のなか・お料理も心づくしの特別な祝い膳・源泉かけ流しの広々とした貸切のお風呂・至れり尽くせりの
大名旅行でした。 感動・・言い現せぬほどの一杯の幸せを感じました。
写真も沢山写してきましたが、人物画像が多いので・美しく着飾った「幸せの青い鳥」と結婚する少し前頃の過ぎ去った「蛍雪時代」言い換えれば「使用前・使用後」の写真を掲載しました。
e0033775_11471235.jpge0033775_114815.jpg















e0033775_13464871.jpge0033775_1347159.jpg



















アア~あれから50年・過ぎ去った日々は何といたずらなのだろうか? 想い返せばあの時代・
私も上原謙か埼玉県と言われた時があったのだ・勿論人ごみの中ですが一寸すみません道を空けて通してください・そんなことも・・あったっケ
と綾小路きみまろさんが言っていました。

子供達に見守られながら、妻と手を取り、支え合いながら「日々好日」
素晴らしい旅行をプレゼントしてくれた長男夫婦に心から”ありがとう”
[PR]
by shizuma_t | 2008-06-10 12:21 | Trackback | Comments(2)

夢クラブの旅行記

6月1日はかねて延期されていた、マンションの防災訓練・天気が良かったので、予定通り消防署立会いによる避難訓練と初期消火訓練を消化することが出来ました。”ショウカ・ショウカよかったね・・・”なんてオヤジギャグ
2日・3日は老人会「夢クラブ」の春の行事、一泊旅行・・・94歳のご夫婦をかしらに20名の参加する南房総一泊旅行の幹事を勤め、おかげさまで事故もなく無事終了させることが出来ホット一息ついているところです。
その旅行の一こま、「ひめはるの里」と霧に煙る「笠森観音本堂」の写真です。
e0033775_1415544.jpg

e0033775_14162563.jpg

[PR]
by shizuma_t | 2008-06-04 14:17 | Trackback | Comments(0)