私の徒然日記


by shizuma_t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

五重塔と仏像

今月23日「かかりつけ医ふかさわクリニック」へ診察に行ったとき、京急長沢駅のホームから写したものです。
e0033775_7243073.jpg

私の家のベランダから見ると下の写真のようになります。
e0033775_803645.jpg

仏像の目の先は東京湾の入り口の方を向いているように感じます。
願わくば「清徳丸」の親子の一日も早い発見を祈る気持ちです。
[PR]
by shizuma_t | 2008-02-27 07:46 | Trackback | Comments(1)

”言葉”

e0033775_923849.jpg

チョツトした言葉が、あるときは人を救い・励まし・生かす言葉になり、一寸した言葉が人を傷つけ、人を追い詰めることになってしまうことがある。
時により言葉は「毒にも薬」にもなる。何気なく使っている言葉、考えさせられますね~・・ところで最近では、「ありがとう」の言葉を聴くことが少なくなりました。ある日旅行先で、いろいろな「ありがとう」の言葉が書かれた色紙を見ました。大切な落し物を探し当てた時のような気持ちになりました。
でも、こんなこと言っているようでは時代について行けないのかも?・・・ KY(空気読めない)ではないが、PGS(ピンボケ爺サン)と若い者に言われるかもね~・・・・
e0033775_923055.jpg

[PR]
by shizuma_t | 2008-02-23 09:25 | Trackback | Comments(0)

灯台の灯

e0033775_832493.jpg

東京湾の出入り口を航行する船舶の安全を図る、剣崎灯台の灯が何か物悲しく見えていました。(陸上と違い海上交通の青い灯は危険を表示)私の家のベランダから昨夜10時半頃写したものです。・・・夜が明けて湾口の方を望遠鏡で見ると、水平線上に大型の船舶が何隻も並んで見えています。「清徳丸」の親子の救助活動をしているのは水平線の向こう側になっているのでしょう。
一刻も早く救護されることを願うばかりです。・・・・なぜあんな広い海の上で衝突事故が起きるのだろうか?不思議に思ったことがありました。
私は良くフェリーに乗って久里浜から金谷まで往復することがあるのですが、釣り船を含め大小の船舶が入り混じり、オマケに海中には潜水艦が航行・良くも衝突せずに、こんなに多くの船が行き交うもの・・今は、そう感じるようになっています。
船は高速化し、GPSで自動操縦・レーダーで危険を予測する。船は捕捉した危険を自らの意思で回避する行動は取りません。人の心に油断と怠慢や驕りがあれば事故を防ぐことは出来ません。小さな船に家族の命を乗せて漁に向う途上・真っ二つに引き裂かれた親子船なんと無情なのだろうか?それに引き換え、自衛隊幹部の笑顔の記者会見・無慈悲で心無い政治家の発言・・その人達の品性を疑うばかりです。(画面上をクリックし、大きくして見てください)
[PR]
by shizuma_t | 2008-02-21 09:40 | Trackback | Comments(0)

軍艦のある街

横須賀市は米軍の原子力空母の基地となっており、日常・自衛隊の潜水艦やその他多くの軍艦を見ることが出来ます。
昨日は東京湾フェリーの発着する岸壁近くでも、補修中の上陸舟艇が接岸していました。
e0033775_10274089.jpg

このところ好天に恵まれ空気も乾燥しているので、対岸の房総半島が良く見えています。
散歩の途中写したのですが右端に小さく千葉県側にある東京湾観音が見えていました。
e0033775_1033314.jpg

e0033775_10313123.jpg

[PR]
by shizuma_t | 2008-02-18 10:33 | Trackback | Comments(0)

望遠写真

昨日は天気は良かったが、冷たい風が強く吹き非常に寒かった。
今日も快晴だが気温はあまりあがらないようです。その分遠くの富士山や伊豆大島の三原山に雪が積もっている景色が良く見えています。
e0033775_1014564.jpg

e0033775_10151336.jpg

伊豆大島は20倍の高倍率で撮影したのですが、あまり良く写っていないですね・・・・・・でも三原山に雪が積もっているのは、なんとなく分かるだろうか?肉眼でははっきり見えても写真にすると駄目ですね・・・・・・
(掲載の写真を2月18日朝写したものと交換しました)
[PR]
by shizuma_t | 2008-02-14 07:37 | Trackback | Comments(0)

立春

少しずつ日没の時間が遅くなって来たように思います。
比較的暖かい日があれば・路面が凍結していたり、そして大雪・・・・
今朝・隣階段側に居住している女の子が「受験のため」タクシーを呼んで乗車したところ、50Mも走行しないうちに雪のため車がエンコして、予定していた列車に間に合わず、とうとう肩を落としながら自宅へ戻っていきました。お天気ばかりは人の力の及ばないところ・・・・・無慈悲ですね・・・
e0033775_9131359.jpg












e0033775_9171915.jpg

e0033775_920967.jpg






昨日2月3日の雪景色です
[PR]
by shizuma_t | 2008-02-04 09:26 | Trackback | Comments(0)

☆ 鬼もいろいろ ☆

光陰流水・本当に日が経つのが早いですね~・・と感じているのは私だけだろうか?明日は節分・・近くの家の梅の花も咲いています。
1月27日に行った登別温泉地獄谷入り口にある「鬼」です。温泉を訪れる人々の心の健康と身体の健康を願って「病魔退散」を祈っているのかも・・?
e0033775_105989.jpge0033775_10592257.jpg









朝5時頃地獄谷まで散歩に行ったとき写しました。


e0033775_1131276.jpg

登別温泉「第一瀧本館」のロビー吹き抜けに大きな「金棒」があるのですが、その金棒にチョコンと乗っている可愛い鬼・・・カラクリ時計の一部になっています。
e0033775_11113643.jpg






何時のことか忘れましたが、般若は女性の化身と聞いたことがありました。
角を隠したそのままで、いつまでも可愛い女性でいてほしいもの・・・・・
仏教用語で「不生不滅」・・人の命には限りが有り死を否定した人生も無く、又逆に生きることを否定して滅することを選択することもあってはいけない・・・・なんか良くわかんないけど・・何はともあれ「福は内」・「鬼も内」・・・・
[PR]
by shizuma_t | 2008-02-02 11:37 | Trackback(1) | Comments(1)

小雪舞う札幌

1月26日姪の結婚式に出席するため、36年振りに冬の札幌を尋ねることが出来た。素晴らしい結婚式だった。懐かしい人々とも久しく逢う事が出来感動の3日間でした。
e0033775_8581130.jpg
千歳空港から札幌まで電車で移動したのですが、雪路を走る電車の動輪には氷塊がびっしりと張り付いていました。



e0033775_96387.jpg

札幌駅近郊のビルも舞い降りる小雪で幻想的に見えていました。



e0033775_9105624.jpgテレビ塔の展望台から見た大通り公園は、2月5日から開幕の「雪まつり」に向け全面立ち入り禁止となり、急ピッチで作業が進められていましたが、とっても雪が少なくて間に合うのだろうか?
一寸心配?・・・・・・


e0033775_9194823.jpg
”テレビ塔の展望台から札幌市内”
遠くに「大倉山」が望まれ、スキーのジャンプ台が見えていました。
積雪の歩道を転倒しないように気をつけての散策
★エッチラ・ホッチラ手を繋ぎ、ジーとバーの雪ふる夜道★

e0033775_10325319.jpge0033775_1033855.jpg






登別「地獄谷」の山頂と白樺の林
[PR]
by shizuma_t | 2008-02-01 10:40 | Trackback | Comments(1)