カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

☆ 海と里山 ☆

今日は、暮れの墓掃除とお参りに行ってきた。
バスを降りると、人気の無い三浦海岸を馬が散歩していた。
海岸線から300mほど離れると里山がある、こんな静かな場所に墓所がある。

時間の経つのを忘れるようななんとものどかな風景
e0033775_916065.jpg
e0033775_9161552.jpg

e0033775_9113482.jpg

e0033775_9141526.jpg

[PR]
by shizuma_t | 2007-12-25 09:33 | Trackback | Comments(0)

夕暮れ時

e0033775_1732075.jpg

昨夜から降っていた冷たい雨は、乾き切った空気に程よいお湿りを与えてくれたのではないだろうか?
[PR]
by shizuma_t | 2007-12-23 17:12 | Trackback | Comments(0)

年の瀬

今年も残すところ半月ばかり・開店前の閑散とした商店街を歩いてみた。
今年の世相を漢字一文字で表現すれば「偽」と言う。
後振り返りえる熟年女性の後姿がもの悲しい。
e0033775_1340417.jpg

人生はシナリオの無い旅でり、人生は無情であると言った人がありました。
人生には何があるか分からない、人生に明日があることを裏書した保障は一つもないのですから、そう思うと今日を大切に生き、明日の旅を大事にする心が生まれる。 今年の世相を「」と高僧が書きました。
秋・夜露の降りる時季、最初は露で濡れないように注意して歩くが、一度濡れてしまえば大胆になる、「過ちも一度犯してしまうと良心が痛まなくなるもの」食に係る者・年金・公僕・政治・医療など全てが辿った轍・
e0033775_1419348.jpg

新年はどんな方向へ向かうのだろうか?・・・我々高齢者にとって、ささやかな喜びと安らぎを感じられる年であってほしい、新年が単に「冥土の旅の一里塚」として迎える世であってはならないと思う。

このブログを書いたのは昨日です、そして一夜明けて長崎での銃の発砲事件
なんとも痛ましい事件で言葉が無い・・・・誰がこのような事件に直接遭遇することを予測できただろうか?まさに無情・・・無慈悲な事故に遭遇された方達のお見舞いとご冥福を祈るだけです。
[PR]
by shizuma_t | 2007-12-14 14:23 | Trackback | Comments(1)

兄弟会の旅

このところ何日か雑用で忙しい日が続き、家で食事をしたのは数回しかありませんでした。・・・・私達には、兄弟会と言う会があり、長年に亘り4家族の兄弟夫婦が一緒に旅行をしたりしながら、心を寄せ合い絆を深め合ってきました。数年前長兄が亡くなってからも残る兄弟達で行事は続けているのですが、私も齢72歳・3年と少し前には癌の手術をするなど・皆で集まる機会が少し遠のいていました。
今年の8月には、末妹の主人が心臓の憎帽弁閉鎖不全と言う病気で血液が逆流する病になり、非常に大きな手術を行いましたが手術も成功し最近では体力も回復し12月1日、一泊の網代温泉で無事生還の祝いとなった訳です。
e0033775_1140369.jpg

昼ころ網代に着き、昼食で海岸通の「味平」に入って、オーダーした天丼にビックリ仰天
e0033775_113633.jpg

部屋に、お料理が運ばれている途中の写真ですから、すべての料理が揃った所を想像してみてください。・・・・たまげました。・・・・・
e0033775_11505268.jpg
e0033775_11513639.jpg

数少ない写真「網代漁港」の風景です。前のページの昇る朝日もそのうちの一枚です。
[PR]
by shizuma_t | 2007-12-07 11:56 | Trackback | Comments(1)
e0033775_1462194.jpg

e0033775_1432542.jpg

[PR]
by shizuma_t | 2007-12-04 14:26 | Trackback | Comments(0)