カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0033775_17384192.jpg見難い写真ですが、横須賀共済病院の外科医長で新聞の取材記事が掲載されたものです。もちろん私の大腸癌の腹腔鏡手術の執刀医でした。この度、開業医としてクリニックを市内に開きました。今年4月には月刊誌でも、「疾病別トップ病院」の紹介の中で全国・地方別の「癌の手術件数でわかる執刀医リスト2200人」の中で16位にランクされ、胃癌だけでも143件の手術を行い、開腹手術を119件・腹腔鏡手術を24件の実績を伴った名医です。私は今まで通院していた病院を変えて、この医師のクリニックに安心と信頼の気持ちで通い続けます。
「ふかさわクリニック」は京浜急行の長沢駅前です。

e0033775_190818.jpgこれは、私が大腸癌の告知を受けたとき、医師から受けた説明書です。大腸と小腸の接合部に4センチの進行性の癌があり、矢印部分が切除されることになります。転移が無ければ80%の治癒率・リンパ節に転移があれば50%・腹膜に転移していれば治癒は難しいと言うことでした。又、これから転移があるとすれば肺や肝臓に注意が必要だとも説明を受けました。 医師は、患者に大きなプレッシャーを与えないように細心の気配りと心遣いで、時間をかけ親切丁寧に説明してくれたものです。人さまざまですが、私の場合は、病気の全ての告知を受け非常に良かったと思っています。比較的穏やかに冷静な気持ちで名医の腹腔鏡手術を受け、お蔭様で手術後8日目で退院することも出来、現在は抗癌剤こそ服用し続けていますが健康も回復し、快活に生活しています。
[PR]
by shizuma_t | 2006-06-26 19:47 | Trackback | Comments(2)


e0033775_1116019.jpg18鉢育てている中で4鉢だけが咲きました。挿し葉で増やすことが出来、育て方も特に難しいことは無いのですが、残りの大半は育成に失敗しました。 越冬期間中に冷たい水やりをしたのが原因かも知れません。
セントポーリヤの場合、温度の低い水やりは禁物らしいですね~最近知りました。
[PR]
by shizuma_t | 2006-06-15 11:31 | Trackback | Comments(2)
 画像編集ソフトを使って写真を加工しました。
どこかで見かける通販のチラシのようですね・・・・
"大粒で不揃いな淡水真珠のネックレスで~す" なあんって言ったら信じられますか?・・・・
e0033775_14215813.jpg

本当は椿の種子を乾燥させから、ドリルで穴を開けてワイヤーを通し、銀色のペイントを塗装したものです。
台座になっている黒い石は、黒ダイヤとも呼ばれ昔は汽車や船を走らせたり、電気を造り出す唯一の資源として、現在の日本経済を創造させた夕張の石炭塊です。
私が34年前北海道から来るとき、魂の記録として持ってきたものです。
貝殻は、孫と釣りに行ったとき荒崎海岸で拾ってきたものです。
それぞれの品を配置して写真に撮り、画像編集ソフトを使って背景を入れ替え文字を書き込む余白を加えて加工しました。いかにもそれらしく見えますが
まさに、見ると聞くとでは大違いといったところですね~
[PR]
by shizuma_t | 2006-06-06 15:13 | Trackback | Comments(0)

 共同作業に参加して

 昨日は、団地の居住者全員参加による防災訓練と雑草刈や環境清掃の共同作業が行われました。 作業終了後にはビールやジュースなどの冷たい物・お酒も少々振舞われ、全体のコミニュケーションを図る有意義な場が設けられました。 青空の下に座し、老若男女がビールを飲みながら、オツマミをかじりながら、近々の事件や事故・災害の話や、趣味に健康・病気や仕事の話など生活感にあふれる会話が和気藹々と盛り上がり、話に花を咲かせていました。
日常生活の中で見かけなかった人が参加していたり、この様な行事があると率先して参加していた人の姿が見えなかったり、参加者に多少の変動がありましたが、全世帯数の70%の人達が参加していることは素晴らしいことだと思います。 ・・とかく人と人の繋がりが希薄になっている昨今、 「人情紙より薄し」と言われています。・・居住地内の人達が顔を合わせたときに挨拶や会話があることが、今求められているのだと思います。
平素は使わない筋肉を使い多少足腰が痛みますが、心地よい汗をかき、心地よい疲れが残った良い一日でした。
[PR]
by shizuma_t | 2006-06-05 11:06 | Trackback | Comments(1)